コンタクトレンズデビューの方はまず眼科に行こう!

Modern tonometer in ophthalmologist's office. Optical medical equipment concept. Selective focus, close up.

コンタクトレンズは、眼に装着する事で視力矯正をする事が出来る医療機器です。直接、眼に装着する事から正しいコンタクトを選んだり装着方法を身につけなければ眼病に繋がる恐れがあります。一般的にコンタクトを購入する場合には、必ず眼科での受診が必要です。

眼科でコンタクトを購入するまでのおおよその流れですが、まずは本人の眼の状態を確認し把握するために問診を行います。眼に病気を発症した事が無いか、現在飲んでいる薬が無いか等の質問に記入していきます。問診票が完了すると次に眼の検査です。眼圧をはじめ現在の視力などを検査です。眼の検査を行い問題がなければ自分に合ったコンタクトを選択します。実際に自分で装着して違和感が無いか確認をしたり、見え方に問題が無いかコンタクトを付けた状態で検査をします。問診、検査などが終わると医師の診察です。

コンタクトを装着した状態で眼の状態を診察してもらい異常が無ければ全て完了となります。コンタクトは医療機器となるため時間を掛けて検査や診察が必要です。眼病を発症しないように眼科できちんとしたコンタクトを選択する必要があります。次回、コンタクト購入時など定期的に検査をする必要もあります。