コンタクトレンズと処方箋の気になる関係性。

Lens - Optical Instrument, Eyeglasses, Contact Lens, Lens - Eye, Connection

コンタクトレンズの購入では処方箋が求められると考えている人も多くいます。まず、理解しておきたいのは薬事法上、購入時に処方箋を提出しなければならないという義務はありません。そのため、コンタクトレンズは通販サイトでもたくさん出回っているものですが、処方箋の提出を必要としない場合が多いです。ただし、眼科での診察結果をもとに自分の目の状態を把握していた方がいいのは間違いないので、そういった意味では処方箋を貰うのがよいといえます。

また、レンズ自体が高度管理医療機器にあたり医薬品ではないために、この場合、医師からの処方箋は厳密には装用指示書に該当します。

処方箋とは、本来、医師に処方してもらった処方医薬品を購入する場合に医師から薬剤師に対しての文書を指し、処方に従った医薬品を薬局で処方してもらう場合に使用されます。レンズ購入で処方箋と呼ばれているものは薬剤師に宛てた一般の処方箋とは異なり、あくまでも装用指示書であることがメガネ量販店等でも購入できる理由になります。

ではなぜ、購入時に処方箋の提出を求める販売店が多いのかという疑問がわきます。その理由は、まず1つには店舗側の販売方針があり、2つ目としてはレンズメーカーによる販売店への処方箋提出の推奨があります。どちらも提供側のリスクを避けることからきており、特に2つ目に関しては、万が一トラブルが生じた場合にはメーカー側の責任が大きく問われることが理由となっています。

処方箋の提示は、購入側においても安心できる内容となります。使用期間を含めて正しい取扱いをすることが障害などのリスクを避けることができ、処方箋を提示することで最も適した製品を購入することができます。初めてコンタクトレンズを購入する方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。