レンズを選ぶときはデータも要チェック。

Contact lenses

コンタクトレンズの箱を見ていると、DIAやPWRなどというアルファベット表記の後に数字が書かれています。これはどういう意味があるのでしょうか。

レンズの箱に書かれているDIAとは、レンズの直径のことを表しています。DIAはDiameterの略語で、単位はミリメートルです。使い捨てタイプのコンタクトの場合、DIAは14.0と書かれていることが多いです。つまり、直径14ミリということになります。これは、レンズによって異なります。ソフトレンズよりも小さいハードレンズの場合はDIAは9の前後が多いです。ソフトレンズと比較すると、直径で5mmほど違うことが分かります。レンズの直径とは、レンズの縁から縁までの長さではなく、真上から見た時の長さになります。人間の黒目の大きさは、大体11.5mmから12.5mmとなっています。そのため、ソフトレンズの場合は黒目よりも一回り大きく、ハードレンズの場合は黒目よりも一回り小さいサイズになります。

レンズは、DIAだけでなくBCと書かれているベースカーブの度合いによっても大きさが異なってきます。DIAが同じレンズであれば、BCが小さいレンズはBCが大きいレンズに比べてレンズの縁から縁までの長さは長くなると言えます。

カラーコンタクトの場合は、着色直径が12.5mmであることが多いため、瞳が人よりも大きい人の場合、あまり意味をなさないとも言えます。カラーコンタクトの場合、レンズの縁まで色が入っている訳ではありません。レンズの縁から少し透明な部分があり、その先に色が入っている部分があります。そのため、カラーコンタクトの場合は、DIAが大きいからといって着色直径が大きい訳ではないことを知っておく必要があります。