レンズケアは保存液を使うとだいぶ楽になります。

Contacts  Contact lenses

かつてはソフトタイプのレンズは取り外した後に煮沸消毒が必要という手間がありました。現在は煮沸専用消毒器なども市場から姿を消し過去のものとなっていますが、レンズに付着した雑菌を除去するという方法では確実なものでもありました。煮沸消毒の弱点は熱によるレンズの変形や、付着したタンパク質の変質によるレンズの白濁化があり、それを解決する手段として開発されたのが、現在主流のマルチパーパスソリューション(MPS・保存液)です。

洗浄液に薬剤を投入し、殺菌が終了した後に中和剤を入れるというタイプのケア製品もありますが、簡便さという点ではMPSが優れており、日常的なケアにおいても極めて便利です。ただし洗浄殺菌力に関してはその他の方法と比較するとやや弱いという点もありますので、こすり洗いを必ず行う、コンタクトレンズを取り扱う場合には手や指をハンドソープでしっかりと洗うなど、気をつけなければならない点もあります。柔らかい材質ですので、引っ掛けて破ってしまわないように爪もあまり伸ばさないほうが良いでしょう。

市販のMPSはレンズの装用前にレンズをすすいだり、一時的に取り外した場合の保存に使ったりと、洗浄消毒以外にも活用することができます。快適な装用を続けるためにも、惜しまずにたっぷりと使うのが良いでしょう。