ソフトとハード、それぞれの特徴を語ってみる。

Two contact lenses with reflections on blue surfaces.

コンタクトレンズには2種類のものがあります。ハードとソフトですが、それぞれに特徴があるので、まずはそれをきちんと理解をしておくことが大切です。自分にあったものを選ぶためにも、きちんと理解をしておくようにするといいです。

まず、ソフトの特徴はなんといってもその柔らかさです。なぜ柔らかいのか、というと、柔らかいプラスチックを使った素材だからです。基本的に、コンタクトは水分を含んでいますが、乾きやすい、という人も多いです。その理由は、ソフトレンズの素材はハードレンズに比べると酸素透過性が低くなっているので、そのレンズで黒目をすっぽり覆ってしまうことで、黒目が空気中から直接酸素を吸収することができなくなり、乾燥しやすい、ということです。

ですが、ソフトレンズは小さなゴミや埃が入っても痛みを感じにくいという点があります。ただ、痛みを感じにくいことは目に傷がついてしまっても気がつくまでに時間がかかってしまう、ということでもあるので、定期的に目医者に検査にいくようにすることが大切です。

ハードレンズは硬いプラスチック素材でできています。なので、ソフトレンズとは違ってレンズ内に水分を含んでおらず、目の水分を奪うこともないので目が乾きにく、という点がメリットです。それから、レンズを外した後は水洗いをすることができて、保存液に浸さなくてもすぐに乾燥することがないので、乾燥してレンズが使えなくなってしまった、ということもないのがいいです。ソフトレンズと比べるとレンズの酸素透過性が高いといえます。初めてハードレンズのものを装用するときは目に異物感を感じることがあります。ですが、大体の場合は使っているうちに装用に違和感を感じることがなくなります。